上座貝塚 じょうざかいづか
京成線 路線の両側が上座貝塚遺跡跡地。  
 
上座貝塚(じょうざかいづか)

 

上座貝塚は縄文時代早期の貝塚です。遺跡は、印旛沼へと流れる手繰川(タグリガワ)左岸の支谷に開析された標高25メートルほどの下総台地上に位置し、中央部は京成本線の軌道により南北に分断されています。佐倉市内の印旛沼沿岸には間野台貝塚、三日月山貝塚、山崎貝塚などの同時期の貝塚がありますが、その他にも発見される可能性が非常に高い地域です。

最初の発掘調査は1957年、明治大学考古学研究室により行われました。調査地点は京成線軌道の南側で、現在は児童公園で県指定史跡となっています。その後も佐倉市教育委員会や、(財)印旛郡市文化財センターにより周辺が調査されています。

明治大学の調査結果によれば、縄文時代の遺構は早期後半の竪穴住居跡が2軒と炉穴7基が発見され、竪穴住居跡は一辺が約5メートルの隅丸方形で、4本の柱穴がありました。炉は住居跡の中には存在せず、屋外に炉穴と呼ぶ長辺2メートル×短辺1メートル前後の穴を掘り、食べ物の調理をしていたようです。炉穴は深いものには煙道が確認され、火を焚いた跡がはっきりとわかりました。

地表30センチメートルで検出された貝塚はカキ、ハイガイが主体で、使われなくなった竪穴住居跡や炉穴のくぼみに、食べたあとで捨てられた貝塚が残ったものです。

上座貝塚は、考古学史上でも早い時期に縄文時代早期の竪穴住居跡と炉穴が検出されたことで著名な遺跡です。特に炉穴については、煙道が検出されたことで使用方法が明らかになり、その後の研究に指針を与えたことが高く評価されています。      

 

   (「原始・古代の佐倉」佐倉市市史編さん室)

  
inserted by FC2 system